カレンダー

  • «
  • 2020.1/
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

記事一覧

オオクワ?

昨日、会社のご近所で電気温水器の基礎工事をしているときに、切株が邪魔になったので片付けたところクワガタの幼虫がウジャウジャ出てきたそうです。

中には越冬する成虫もいて、カリスマ職人伊崎は知らずに踏み潰してしまったそうです。
幸い一命は取り留めたので切株ごと成虫と幼虫30匹位をエンジニア要(かなめ)が、会社に持ち帰ってきました。

大事に羽化させるそうです。
(フライをやってるから水生昆虫が成虫に完全変体することは羽化と言うのは知っているのだけれど、カブトムシやクワガタも羽化と言うのかな?)

クワガタ

子供の頃は近所でもカブトムシやクワガタが沢山採れたのですが、今でもいるんですねぇ・・・ちょっとビックリしました。

ところで社長はオオクワって言うんですが、本当にオオクワなんですかねぇ?

レンジ用調理器具開発でアドバイス

いつもIHクッキングヒーターの料理について教えていただき、またホームページでも相互リンクしていただいている、料理研究家でIHクッキングコーディネーターの奥秋曜子先生の記事が11月23日の山梨日日新聞に掲載されていました。

今回はナント!レンジ用調理器具開発に携わったそうです。
いつもIH用の鍋やフライパンの開発に関わってらっしゃったので、レンジ用ということでビックリしました。

今回の商品「レンジプロ」は、あのIH用の土鍋「THERMATEC(サーマテック)」でお馴染みのミヤオカンパニーからの商品です!

まだ「レンジプロ」はこの目で確かめていないのですけど期待が持てます!

さて、それでは記事の紹介をさせていただきます。


2008年11月23日の山梨日日新聞から抜粋した記事です。
(写真では読みにくいので、画像の下にテキストにしてあります。)
レンジ用甲府の料理家・奥秋さん調理器具開発でアドバイス

○記事の内容

甲府市音羽町の料理家奥秋曜子さんは、ミヤオカンパニーリミテド(本社・三重県、宮嶋邦彦社長)が発売した電子レンジ用の調理器具「レンジプロ」の開発にアドバイザーとして参加。使用面で助言したほか、同商品で作れる料理を考案したり、視覚障害者向けに取扱説明書の音声ガイドを用意するなどPRに一役買っている。

レンジプロは、多様な形を開発中で、炊飯器型とどんぶり形、マグカップ形の3アイテムを販売中。セラミック製で耐熱性、保温性に優れ、電子レンジを使ってご飯を炊いたり、乾燥パスタや冷凍うどんをゆでることができる。

食器としても使え、調理後そのまま食卓に出せる。奥秋さんが考えたチャーハンやペンネなどのレシピ付きで、価格は1,260~2,940円。

奥秋さんは、障害者向け料理教室を開いている経験から「触って分かる目盛り付きで、火を使わずに調理できるので、視覚障害者も気軽に料理が楽しめる商品としてPRしたい」と、メーカーと協力して取扱説明書やレシピの音声ガイドを用意した。メーカーに問い合わせれば入手できる。

商品は全国の小売店で販売。山梨県内では岡島百貨店で取り扱っている。

ミヤオカンパニーリミテドのホームページ

オフォスオクアキ(奥秋曜子先生)のホームページ

フランク・ロイド・ライトとオール電化

建築士の試験勉強の時に聞いた事のある人物で、フランク・ロイド・ライトという有名な建築家ですが、さすが歴史に名を刻む人はやることが違います。

なんと大正時代にオール電化を手掛けていたんですね。
ちょっとビックリだと思いませんか?

日経BPnetに、「すべてを電気でまかなうオール電化とは?」という記事で詳しく紹介しています。

室内には110個の白熱球が煌々ときらめき,欧米製の高価な電気オーブン,電気炊飯器,洗濯機などの電気製品がずらりと並んでいたそうです。

当時は薪で調理をするのが当たり前だったので、それを見た人はビックリしたでしょうね。

記事の詳細は日経BPnet

公取委 九州電力に排除命令

数日前のニュースで、ちょっと間抜けなお話しです。

オール電化といっても多くのお客様には有益ですが、万能ではないことは皆さんご存知だと思います。


まして光熱費がいくら安くなっても、導入金額が高ければ家計的には意味無いですし、機器が長持ちしなければ、これも意味の無い事です。


そこをちゃんと説明しなければいけない立場の九州電力が、公正取引委員会より排除命令を受けました。


---------------------------------

以下抜粋


排除命令の内容


公正取引委員会は、「オール電化住宅の方が30年間で約350万円得になる」など、事実と異なる宣伝をした として、九州電力 に対して景品表示法違反で排除命令を出しました。


公正取引委員会は、オール電化の初期投資を見込まず、さらに30年間の更新費用も考慮せずに試算し、消費者に誤解を与える説明をしていたことを問題視しています。

一方、九州電力は

『今回の排除命令を重く受け止め、更なるコンプライアンスの徹底に努めるとともに、全社的に広告類の社内審査体制の一層の強化を図り、お客さまに分かりやすい表示に努める』とのことです。


〔排除命令の対象〕

オール電化住宅がガスをお使いの住宅と比べて「1年間で約10万円もおトク」、「30年間で約300万円おトク」、そして「30年間で約350万円も節約(オール電化住宅ローンを使用した場合)」としている表示


※ オール電化住宅とするには、電気給湯器とIH調理器の購入費用や工事費用、そして長期間にわたり使用するには買替費用も必要であるのに、それが考慮されていない

〔改善策〕

平成20年9月から「30年間で約300万円おトク」、「30年間で約350万円も節約」の表示を削除

「1年間で約10万円もおトク」の表示については、初期費用が含まれていないことを明記する予定

公取委のリリース↓
  http://www.jftc.go.jp/pressrelease/08.october/081015.pdf
  http://www.jftc.go.jp/pressrelease/08.october/081015haijyo.pdf

 

問題のパンフレット↓
  http://www.jftc.go.jp/pressrelease/08.october/081015tenpu.pdf

九州電力のリリース↓
  http://www.kyuden.co.jp/press_081015-1

---------------------------------


この“改善策”にあるように、『1年間で約10万円もおトク』の表示については、初期費用が含まれていない事を明記する予定とありますが・・・


そうなんです!多くのお客様(全てのお客様ではありませんよ)はランニングコストは下がります。


ただライフサイクルコストが“下がる”もしくは“同じ”でなければ意味がありません。

だから弊社としては、ちゃんとした工事で少しでも安く提供することを常に考えています。

(ここで言うライフサイクルコストとはオール電化を導入して廃棄するまでを言います)


だからこそ当然、昨年の工事より今年の工事の方が進化しています。

すでに導入していただいたお客様には申し訳なく思うのですが、本当に毎回、納得している工事はありません。

これは向上を目指し続けるからには、永遠に続く事でしょう。

弊社もオール電化を全面的に推進していますが、ヒーター式の電気温水器を導入検討されている方には、出来ればエコキュートを、それがダメなら石油かガスを利用していただきたいと思ってます。


何故ってお客様のランニングコストは石油やガスと、さほど変わらないかも知れませんが、家庭におけるCO2排出量はヒーター式ですと増えてしまいます。地球環境を考えるとどんなものか?と考えてしまいます。


もちろんエコキュートは石油よりガスよりCO2排出量は少ないですよ!

秋の味覚

今朝、早くに美味しいものが届きました。(^^)

柿と栗と栗ごはんのおにぎり、そして無花果。
早速、おにぎりと無花果をいただきました。

とっても美味しかったですよ。(^^)ノ

栗と無花果

オール電化の取材がありました。

今日はオール電化の取材がありました。

気が小さい私は朝からドキドキ

時間は容赦なく迫ってきます・・・

夕べ考えられなかった原稿を早朝より考えて・・・・

出社してからワードで打ち込み印刷。

そこからが大変・・・自分の考えた文章なのに頭に入らない


何回撮り直したんだろう・・・取材にきていただいたN様ごめんなさい。

ご迷惑をおかけしました。


とりあえず一生懸命やりました。

私の思いが伝わってくれるといいなぁ・・・

髪切りました。

夕べ仕事が終わってから息子と2人、髪を切りました。

ああ、さっぱりした(笑)

実は私の母は美容師なんです。
まあ田舎の美容室なんで、煌びやかなお店ではないのですが、お客様からは先生と呼ばれています。

歳も歳だし、少しは楽をさせてあげたい気もするのですが働くのが好きな母です。
逆に楽しみを奪うのではないかとも思ってしまいます。

その母に、私と息子が髪を切ってもらったのです。
母にしてみれば、息子と孫・・・

いつまでも元気で私達の髪を切って下さいね。


息子はこんなに可愛くなりました。(^^)<親バカです(笑)

髪を切ったよぉ(^^)

私はいつものようにトレードマークの左右の触角、昆虫みたいですが・・・何か?
なんか恥ずかしいから、会社の裏の畑で誰もいない事を確認してパチリ!

髪を切ったよぉ(^^)


ちょっと、そこ!キモイとか言わないっ!(笑)

こんなのがお客様のところにお伺いすることもあるかも知れませんが、他のスタッフはもう少しマシです。

私が担当になってしまいましたらごめんなさい。
あきらめてください(笑)

蓄熱式暖房器は山梨県で人気です。

昨日、ホームページより甲州市のS様より蓄熱式暖房器のお問合せをいただきました。

ありがとうございます。
精一杯頑張りますので、よろしくお願い致します。

蓄熱式暖房器ですが、この不景気な世の中で他のオール電化製品と同様に、いえいえ、それ以上に大人気商品なんです。

特に山梨県においては人気商品のという証拠にスティーベルの認定施工店が104件と群を抜いて多いのです。

もちろん弊社も2004年より蓄熱式暖房器の普及に取り組み、2005年から認定施工店となっております。
もちろん104の認定施工店の中での競争です。

アメミヤ住宅設備サービスならではの親切丁寧なアドバイスはもとより、安心、愛情施工をご提供いたします。

詳しくは弊社ホームページの蓄熱式暖房器のコーナーをご覧下さい。

まだ間に合うか?エコキュート補助金!

先週の土曜日に山梨県中央市のK様よりエコキュートのご注文をいただきました。

ありがとうございます。
精一杯頑張りますっ!よろしくお願いします。

実は先週の水曜日にお打合せしたときに、人から「第3期の補助金は間に合わない」という情報を聞いて、間違った情報を元に次の第4期の補助金をお勧めしちゃいました。

K様は「第4期までは待てないから、補助金が無くても良いよ」と仰ったので、一旦記入していただいた補助金の申込用紙をお返ししてしまいました。

夕方会社に帰り補助金の進捗率をチェックすると約90%じゃーないですか!!!やっちゃいました(ーー;

これはイカン!と思いK様に連絡するも連絡がつかず・・・
その後、毎日電話するも音信不通。

やっと連絡がついたのが金曜日・・・しかも東京に出張中( ̄□ ̄;)!!ガーン
結局、土曜日にご訪問してご注文頂くと同時に、補助金申込ハガキをお預かりしました。

もちろんその足で郵便局に行き速達で出しましたよ。
本日、今朝の時点で進捗率95%・・・どうか間に合って下さいっ!

K様、間に合わなかったらごめんなさい。


ところで郵便局の看板って変わったんですね。

何を今更って話しかもしれませんんが、普段は事務の渡辺に郵便関係は任せているので、自分で郵便局行くことって無いんです。

たしか赤の看板と思い車を飛ばしていたら、今は緑なんですね通り越してしまいました。

郵便局


相変わらず世間知らずな私です。。。
こんな私ですが仕事は真面目にやりますので皆さん暖かい目で見てやってください(笑)

フェラーリに乗った息子、コブラに乗ったパパ

昨日、トイザらスに新生児用の紙おむつを買いに行って来ました。

2人目の息子(男の子らしい)が、予定日より早く生まれることが予想されるので色々と準備をしないといけません。

息子は沢山のオモチャを見て大はしゃぎ。

売り物なのに容赦なくイジリ倒す息子・・・( ̄_ ̄ i)

アレ乗りたい!つぎはコッチ!ってな具合で振り回されっぱなしのパパ・・・

ふぅ・・・疲れました(笑)


近所で下水道工事があったときにミニショベルに乗せてあげていたので、息子はパワーショベルが大好きです。

そんな訳でまずはパワーショベルに一目散(笑)



パワーショベルに乗る息子

パパはスーパーカー世代、、、「サーキットの狼」を読んで、将来は車に★マークをいっぱい付けると誓ったはずなのに・・・乗っている車は、何の変哲も無いファミリーカー(笑)


でも、フェラーリ、カウンタック、ロータス・ヨーロッパ、ランチャーストラトス、永遠の憧れです。


そこで嫌がる息子に無理やりフェラーリに乗せてポーズをさせました。(笑)


フェラーリに乗る息子


でも、このフェラーリのオモチャはフェラーリ社から公認されているんです。

お値段も他の同種のオモチャの倍ぐらい・・・本物もファミリーカーの倍ぐらいで買えればいいのにな・・・

話しは変わりますが、随分前に「ハンマープライス」で和田アキコの手形を手に入れた事でも有名な“ほうとう屋敷みさか路 ”の、みさか路マン(店長)に348台しか生産されなかった幻の銘車“コブラ”に乗せてもらった事があります。

コブラって屋根が無い車なんですが(俗に言うオープンカー)ドアの取っ手?も無いんです!!!

これって、またいで乗るの?なんて悩んでいたら、みさか路マン(店長)が内側に取っ手があるでしょ!って・・・(^^;アハハ

そりゃそーだ!内側に手を入れりゃーいいんだっ!

恥ずかしいやら、おかしいやらで・・・顔を真っ赤に染めました(笑)

みさか路マン(店長)は私が勝手に決めているんですが・・・ヒーリーズ(かかとにローラーのある靴)の師匠なんです。

まだヒーリーズが流行る前に“ほうとう屋敷みさか路 ”の駐車場でみさか路マン(店長)に滑り方を教わったんです(笑)

そんな、みさか路マン(店長)のいる“ほうとう屋敷みさか路 ”ですが、ホームページがまた面白いっ!!!

コブラやカウンタックの写真もありますし、スーパーカーに興味が無い人でも面白いと思うので是非アクセスしてみてください。

ほうとう屋敷みさか路 http://www.misakaji.co.jp/

リンク集: スーパーコピー時計ロレックススーパーコピーウブロスーパーコピーブランドコピー通販, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネル マフラー スーパーコピー ,スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,シャネル時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,カルティエ時計スーパーコピー