カレンダー

  • «
  • 2017.4/
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

記事一覧

ルーフドレン補修

甲府市W様邸のルーフドレン(立て樋)の補修を行いました。

W様ではお宅を建築した工務店が倒産してしまったので、相談するところが無くて困っていました。
知り合いを通じて、弊社で補修をすることになりました。

3階建てでバルコニーからも屋上からも手が届かない場所ですし、梯子も立てれない環境だったので高所作業車を利用して作業を行いました。
高所作業車も隣地の駐車場をお借りして設置となりました。


高所作業車

本来なら工務店で保証してもらえる期間中だったらしいのですが、肝心の保証してくれる工務店が潰れてしまえばどうすることも出来ません。

今回は保険で一部賄い、大きな負担にはならないのですが、これから先の事を心配されていました。


来年10月には「住宅瑕疵(かし)担保責任法」という法律が施行されますが、今回のようなケースもこの法律の施工後であれば工務店が倒産しようが関係なく保証されました。

が・・・しかし・・・
ここ最近、工務店さんがすごい勢いで倒産しています。
この法律、ユーザー側から見たらとても良い法律ですが、工務店からすると大きな負担を強いられます。
ただでさえ不況の煽りで苦しい経営をされている建築会社さんを、さらに苦しめると言われています。


いま、新築を考えてらっしゃる方も多いと思いますが、技術力も然る事ながら長く信頼できる建築会社を見極める必要もありますね。

実はなんでも屋さんです。

土曜日に弊社のホームページをご覧いただき、わざわざお出で下さったお客様のもとにオール電化のお打合せと調査にお伺いいたしました。

立派なお宅で惚れ惚れしちゃいました。
丸腰で伺った私に懐中電灯を貸してくださったり、床下収納庫を外して下さったり至れり尽せりで恐縮しちゃいました。

少し問題点があったのでメーカーを連れて改めてお伺いする約束でお客様のもとを後にしました。


会社に戻る途中、ごひいきにして頂いているお客様より水が漏れているとの連絡をいただきご訪問しました。

水漏れも大した事では無く無事完了しました。
水漏れ修理

こちらのお客様では今まで良い業者と出会いがなく修理を頼んでも滅茶苦茶な事をされたり法外な金額を請求されたりと大変苦労されたらしいのです。
写真は弊社出会う前に他の業者で施工した配管です。
ヒーターは裏返しで巻いてあるし保温はいい加減だし・・・設備屋さんの仕事???って疑っちゃいます。

弊社と出会ってからは本当に全てのことを信頼していただきご依頼を頂いております。

給水の工事から始まり、パッケージエアコンの入替、外壁塗装、屋根塗装、床のギシギシときしむのを直したり、階段に手摺りを取付けたり、数え切れないぐらいの仕事を頂いております。
本当にありがとうございます。

有り難い事に弊社にはこのようなお客様が大勢いらっしゃいます。

本日お伺いしたホームページからのお客様にも満足していただき長いお付き合いが出来るように頑張りますっ!

緊急故障対応の当番

本日は私(専務)が緊急故障に対応する当番です。

基本的に会社は日曜と祝日はお休みを頂いてますが、やはり水や電気などライフラインに携っている商売です、社員が交代で当番をして緊急に備えています。

本日は山梨県甲府市S様からトイレが水漏れしているとコール頂き修理にご訪問いたしました。


漏水しているトイレ


調査しましたらロータンク下部よりポタポタ水漏れしていました。


ロータンク下部

洗浄菅を取り外してみたらシリカでパッキンが取り付く位置に段が付き、またパッキンも劣化していました。

洗浄菅

洗浄菅を1500番のペーパーで磨き段付を解消して組立復旧にて漏水は止まり修理完了しました。

ただパッキンとフロートバルブが劣化と磨耗していたので後日、改めて部品交換をさせていただくことになりました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ