カレンダー

  • «
  • 2017.9/
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

記事一覧

平成22年度のエコキュート導入補助金スタート

平成22年度エコキュート導入補助金がスタートしました。
この補助金は地域は関係ありませんので、当然、甲府市でも笛吹市でも山梨市でも日本全国対象です。

補助金額は昨年度より2,000円安くなり、新築もリフォームも関係なく40,000円/台となってます。

募集期間は

第1期 平成22年4月19日(月)~平成22年6月4日(金)
第2期 平成22年6月7日(月)~平成22年7月23日(金)
第3期 平成22年7月26日(月)~平成22年9月10日(金)
第4期 平成22年9月13日(月)~平成22年9月30日(金)

募集台数は13.5万台程度となっております。


昨年度と大きく違うのは9月30日で終わりという事です。

例の事業仕分けにより一度は補助金が無い方向だったのが、いきなりではねぇ・・・って事で秋までは補助金を出すことになったようですので、今期の秋以降、また来年度以降は無いと思っても良いのではないでしょうか?

ラストチャンスだと思いますので、お早めにお申し込み下さい。

詳しくは日本エレクトロヒートセンターのホームページをご覧下さい。

ハイパワー給湯タイプに「バブルおそうじ」機能を搭載した最上位機種が新登場

ついに!というか、、、やっと出ましたっ!

「バブルお掃除」搭載のハイパワー給湯のエコキュートです!!!

しかもハイパワーは従来の260kPaから280kPaへと、さらにパワーアップです。
これで『エコキュートはお湯の勢いが弱いから・・・』なんて言わせませんよっ!

いやー、、、それにしても、出ると思ってましたっ!
結構、待ってた人って多いんじゃないですか?

ただ発売日は、5月14日との事ですので、もう少しお待ちいただくようですね。

ハイパワー給湯タイプに「バブルおそうじ」機能を搭載した三菱エコキュートについて詳しく知りたい方は三菱電機のホームページをご覧下さい。

エコキュート補助金 2万台超

エコキュートの補助金の募集が、昨日から開始されました。

一夜明けて進捗率は21%と発表されました。

これは交付予定台数10万台に対してですから、すでに2万1千台もの申し込みがあったと言う事なんですね。

予定台数に達すると募集期間でも締め切ることになっておりますので、ご検討中の方は早めに申し込むことをお勧めします。

平成21年度エコキュート導入補助金情報について詳しく知りたい方は、日本エレクトロヒートセンターのホームページでご確認下さい。

平成21年度エコキュート導入補助金情報

本日、日本エレクトロヒートセンターより

「平成21年度エコキュート導入補助金情報」

が発表されましたね。

第1期の募集受付期間 : 4月23日(木)より 6月26日(金)
※ただし、募集期間中であっても、申込額の合計が予算額に達した場合、募集を終了して抽選を実施します。
抽選の詳細については、日本エレクトロヒートセンター「平成21年度エコキュート導入補助金情報」でご確認下さい。

1台あたりの補助金額 : 41,000円

昨年度より補助金額は1,000円安くなりましたが、募集台数はどの程度あるのでしょか?
また私の記憶が確であれば、一昨年は予算額に到達せず急きょ第5期を設定し、昨年度は第4期が早期に予算額達成しました。
そして今期は、最初から第5期が設定されています。

昨年度12月の予算額達成から今年度の第1期募集開始まで約5ヶ月間補助金が無いというのは、次年度の補助金への期待で逆に買い控えなどもあったことによる対策なのでしょうか?

このような特需は一見、販売店にとって良いように見えますが仕事量にムラが出来て対応に苦慮します。

本当はお客様が導入を決めた時に、いつでも使える補助金であれば良いのですけれど無理なんでしょうね。

詳しくは、日本エレクトロヒートセンター「平成21年度エコキュート導入補助金情報」でご確認下さい。

セル生産方式のエコキュート

昨日、日立アプライアンスの方と話をする機会があった。

日立アプライアンスではエコキュートをセル生産方式で作っているそうです。

セル生産方式と言うのはライン生産方式と違い、屋台と呼ばれる作業台に全ての部品を配置して一人で全ての組み立て工程を完了される方式です。

FAXや携帯電話などではセル生産方式が一般的らしいのですが、エコキュートでは現在の所、日立アプライアンスだけだそうです。

セル生産方式のメリットは容易に想像がつくと思いますが
1.一人が責任を持って組上げるので組み立てによる製品不良の発生が圧倒的に少なくなるので製造コストを下げることが出来る。
2.機種ごとにラインを作らないで済むので、多種多品目の生産に有利である。
などでしょうか?

これは私達のような販売店やご家庭でご使用になられるユーザー様にとっても安心できる気がしますね。

まだ間に合うか?エコキュート補助金!

先週の土曜日に山梨県中央市のK様よりエコキュートのご注文をいただきました。

ありがとうございます。
精一杯頑張りますっ!よろしくお願いします。

実は先週の水曜日にお打合せしたときに、人から「第3期の補助金は間に合わない」という情報を聞いて、間違った情報を元に次の第4期の補助金をお勧めしちゃいました。

K様は「第4期までは待てないから、補助金が無くても良いよ」と仰ったので、一旦記入していただいた補助金の申込用紙をお返ししてしまいました。

夕方会社に帰り補助金の進捗率をチェックすると約90%じゃーないですか!!!やっちゃいました(ーー;

これはイカン!と思いK様に連絡するも連絡がつかず・・・
その後、毎日電話するも音信不通。

やっと連絡がついたのが金曜日・・・しかも東京に出張中( ̄□ ̄;)!!ガーン
結局、土曜日にご訪問してご注文頂くと同時に、補助金申込ハガキをお預かりしました。

もちろんその足で郵便局に行き速達で出しましたよ。
本日、今朝の時点で進捗率95%・・・どうか間に合って下さいっ!

K様、間に合わなかったらごめんなさい。


ところで郵便局の看板って変わったんですね。

何を今更って話しかもしれませんんが、普段は事務の渡辺に郵便関係は任せているので、自分で郵便局行くことって無いんです。

たしか赤の看板と思い車を飛ばしていたら、今は緑なんですね通り越してしまいました。

郵便局


相変わらず世間知らずな私です。。。
こんな私ですが仕事は真面目にやりますので皆さん暖かい目で見てやってください(笑)

エコキュート補助金 第3期

エコキュート導入補助金 第3期申し込みが、いよいよ9月1日から受付になります。




第3期の募集期間は9月1日~10月31日ですが、第2期が募集期間を1ヶ月も残し予定台数に達成したことから、第3期も早期に予定台数に達し締め切る事が予想されます。




弊社のお客様からも、すでに何枚も申し込みハガキをお預かりしております。




エコキュートの導入をご検討のかたは、エコキュート導入補助金を、お早めにお申し込み下さい。




山梨県内で申し込みハガキがお手元に無い方は弊社までご連絡下さい。




詳しくは日本エレクトロヒートセンターのホームページをご覧ください。

エコキュート導入補助金の第2期募集終了

昨日、エコキュート導入補助金の第2期が予定額に達成したため募集期間を一ヶ月も残し終了してしまいました。


弊社でも第2期に間に合わずに第3期まで待っていただくお客様が2組いらっしゃいます。


灯油やガスが家計を圧迫していますので、皆さんオール電化をご検討いただいているようです。
エコキュート導入補助金の第2期に間に合わなかったお客様、第3期を予定されていらっしゃる方はお早めに行動された方がよろしいようです。


アメミヤ住宅設備サービスでは無料調査、無料お見積りをさせていただいております。是非お問合せ下さい。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ